5月2日 老舗のお菓子屋さん

c0120649_4555216.jpgテレビでマカロンの特集をしていたので、食べたくなって、マカロンといえばパリで有名な老舗のラデュレに買いに行った。1862年創業。
マカロンは、16世紀にカトリーヌ・ド・メディシスがアンリ4世のもとにお嫁入りしてきたときにイタリアからフランスに持ち込んだ歴史の古いお菓子だが、最近、パリで流行し、有名パティシエが次々と新しいフレーバーを発売して人気を呼んでいる。もともとは、砂糖とアーモンド粉を使って焼いたクッキーのようなお菓子で地方によっていくつかのバリエーションがあるが、、今流行の間にクリームを挟んだマカロンは、パリのマカロン。

ラデュレも、季節ごとに限定のフレーバーを発売し、それに合わせて季節限定の化粧箱も発売して、それが今やコレクターズ・アイテムになっているそうな。

今の季節のスペシャルは、5月の花のスズランのマカロン。バラのマカロンと一緒に買ってみたが、ほのかな花の香りが上品な甘さとあいまって、美味。

c0120649_4564146.jpg老舗のお菓子屋さんといえば、先日、偶然、モントルグイユの市場通りで見つけたのが、パリで最古のお菓子屋さんのストレー、創業1730年! パリで最も美味しいチョコレート・エクレア・ランキングで3位になったというチョコ・エクレアを買う。甘さ控えめながら、濃厚なチョコレートの味が、これまた美味。

Laduree Royale店:16,rue Royale 75008
Stohrer : 51,rue Montorgueil 75002
[PR]
by MadameSanma | 2007-05-02 04:21 | グルメ
<< 5月3日 スフレ尽くし 5月1日続き パリの田園調布 >>