5月10日 サン・シュルピス教会

ダビンチコードで有名になったサン・シュルピス教会、一度行ってみたいと思って、出かけてみた。
c0120649_6151210.jpg

残念ながらファッサードは改修工事中。起源は6世紀にさかのぼる古い教会で、17世紀に改築。パリでも屈指の規模を誇る教会だそうな。
c0120649_6163346.jpg
c0120649_6165776.jpg

簡素ながら、荘厳な趣の教会で、立派なパイプオルガンがある。

これが「キーストーンはローズラインの下に隠されている。 サンシュルピス教会のオベリスクの根もとに」と本に書かれた噂の「ローズライン」と「オベリスク」
c0120649_6172790.jpg
c0120649_6174851.jpg

もっとも教会自体は、これを好ましく思っていないようで、「この線がローズラインと呼ばれたことはない」と、ご丁寧にも何カ国もの言語で張り紙がしてあった。要は、17世紀に作られた日時計らしい。

最寄駅:メトロ4号線/St-Sulpice駅
[PR]
by MadameSanma | 2007-05-10 06:21 | パリ
<< 5月10日続き エスカルゴ 5月6日 オルレアンの中世市場 >>