5月19日 ロンドンでお茶を

c0120649_257636.jpg
日本から来た友達と、ユーロスターに乗ってアフタヌーン・ティーを楽しみに日帰りでロンドンへ行った・・・と書くと、普通はリッチマダムの優雅なお話だが、私たちが主役では、優雅な旅になるはずがないと思ったあなた、あなたは正しい。

ユーロスターに乗れば、パリ・ロンドン間はたったの2時間40分。東京・京都並みの近さである。しかもイギリスとフランスには1時間の時差があるので、8時過ぎにパリの北駅を出るユーロスーターに乗れば、10時にはロンドンのウォータールー駅に到着。一日たっぷり遊んで日帰りで帰ってこられる。ただし、電車とはいえ、一応外国旅行なので、駅でパスポート・チェックもあるし、免税店もある。
c0120649_2575463.jpg
しかも、ちょっと気張って食事つきの1等車に乗ったら、ちゃんとスチュワーデスやパーサーがいて、飲み物のサービスはしてくれるわ、朝ご飯も、冷たい料理と暖かい料理が選べて、まるで飛行機のよう。
c0120649_2584426.jpg

実は、サンマはTGVに乗るのは今回が初めて。はっきり言って、乗り心地だけなら、新幹線よりTGVの方がずっと快適だった。静かだし、振動も少ないし、おかげで、トンネルを抜けたらそこはイギリスだったという写真を撮るつもりが、つい眠ってしまい、目覚めたらそこはイギリスだった。

ロンドンに着くと、まず、乗り降り自由の観光バスの一日券を手に、ロンドン市内の名所をひとおとり見て回る。タワーブリッジ、ロンドン塔。
c0120649_2592159.jpg
c0120649_2593978.jpg
こちらはビッグベン。そういえば、ロンドン市内は時計がやたら多かった。ジェントルマンたるもの、時間には正確であれということなのだろうか。
c0120649_30390.jpg

名前を忘れちゃったが、何かの記念碑の前のスフィンクスの像に抱かれて昼寝するオジサン。
c0120649_305225.jpg
その後、バッキンガム宮殿前で、衛兵の交代を見学。お約束どおりのロンドン観光。
c0120649_31244.jpg
ちょっとカルチャー気分もというわけで、美術工芸品の宝庫ヴィクトリア・アルバート博物館で中世美術を見学。
c0120649_315241.jpg


そしてついに、本日のメインイベントのアフタヌーン・ティーのお時間。事前に予約している間がなかったので、有名ホテルのティールームはあきらめて、紅茶で有名なデパートのハロッズのティールームへ。
c0120649_322475.jpg
ハロッズは老舗の高級デパートなので、ガイドブックによれば、入り口で服装チェックがあり、ジーンズやリュックサックは入店禁止と書いてあったが、確かに入り口に警備員がいたものの、さすがにジーンズは大丈夫。ただし、リュックを背負っていた人は、手に持つようにと注意されていた。
c0120649_32458.jpg
ハロッズのティールームは、デパートとはいえ、シャンデリアが輝き、ピアノの生演奏もあり、さすがに三越の特選食堂よりはるかに優雅な雰囲気で、店員さんの対応も親切。紅茶は7種類の中から選べる。
c0120649_331129.jpg
やってきました、お待ちかねの「美味しいもの三段重ね」。
c0120649_334679.jpg

サンドイッチの中身は、キュウリ、サーモン、ハム、トマト、タマゴ。それぞれ使っているパンも違って、なかなか美味しい。ちょうどサンドイッチを食べ終わったところへ、お姉さんがやってきて、「サンドイッチのお代わりはいかが」と言うので、ついお願いしてしまった。アフタヌーン・ティーって、食べ放題なのね。これですっかりいつものビュッフェの気分になってくつろいでしまった私たち、そのあとのスコーンやケーキをタラフクいただいて、ハッと気付いたら、帰りのユーロスターの時間が迫っていた。
c0120649_34889.jpg
あわててティールームをあとにしたものの、ついハロッズ・グッズ売り場を覗いたりしてしまったので、駅に行くバスに乗り遅れ、次のバスは15分待たないと来ない。いっそタクシーに乗ろと思って財布を見たら、地下鉄に乗るお金も、もうなかった。バスの一日券を持っていたので、安心して使い切ってしまったのだった。しかも、そのバスは駅には行かないので、途中でのりかえなければならない。いやーん、これじゃ間に合わない、どうしよう!

でも、どうしうようもないので、そのまま待って、やってきたバスに乗ったが、道が混んでいて、もう絶対に間に合わない。そこで、この歳で泣き落としが効くとは思わなかったけど、ものは試しで運転手さんに泣きついてみたら、なんと! その運転手さん、ちょうどそこが終点だったので、他の客を降ろしたあと、私たちを乗せて駅の側まで連れて行ってくれた。きゃー、なんて優しいの!!! 降りるとき、思わず「アイ・ラブ・ユー」と叫んでしまったサンマであった。

おかげで余裕で駅に到着。よく見たら、私たちが乗るユーロスターは最終便だったので、乗り遅れたら、日帰りのはずがロンドン一泊になるところだった。やれやれ、一時はどうなることかと思ったわ。まあたとえお泊りでも、それはそれで楽しかったかもしれないけど。
[PR]
by MadameSanma | 2007-05-19 02:36 | パリからの旅
<< 5月21日 モンサンミッシェル 5月18日 ベルサイユにバラが咲く♪ >>