マザンでお散歩 : ブドウ畑

c0120649_694460.jpg

マザンは、コート・デュ・ヴァントゥーというAOCワインの産地なので、村の周辺は、分け入っても分け入ってもブドウ畑。この一面のブドウ畑を見ただけで、これぞフランスの田舎!と感激してしまう。
c0120649_654927.jpg

9月の収穫をひかえ、たわわに実ったブドウ。小さな区画ごとにさまざまな品種が植えられている。
c0120649_661967.jpg

c0120649_6102396.jpg

c0120649_6274638.jpg

良いワインは、樹齢40年、60年の古いブドウの木から作られるそうで、長い年月を経て味わい深い個性的な姿を見せる古木たち。
c0120649_6105972.jpg

c0120649_626189.jpg

c0120649_6112665.jpg

こちらは植えられたばかりの若木。おじいさんが植えたブドウの木から、孫がワインを作る。
c0120649_6121451.jpg

畑のあぜ道に咲いていた花。
c0120649_612345.jpg

畑の中の道の標識。
c0120649_6125938.jpg

白い小さな花がいっぱい咲いていると思ったら、カタツムリだった。
c0120649_6144385.jpg

このあたりはオリーブオイルの産地でもあるので、オリーブの畑もある。オリーブの収穫期は12月だが、もう青い実がついていた。
c0120649_616314.jpg

村の周りには多くのワイナリーがあり、試飲ができて、気に入ったらその場で買える。ここはシャトー・ペスキエという3代続く家族経営のワイナリー。
c0120649_6132280.jpg

フランスのワイン作りでは畑の土壌も大切な要素なので、各畑の土壌を説明する模型が展示されていた。
c0120649_6134765.jpg

どこまでも続く道と青空。
c0120649_6234995.jpg

自然と一体化したかのような古い家。
c0120649_6385782.jpg

村の周辺では、どこにいても村の教会が見える。
c0120649_615664.jpg

稀典もご機嫌でテコテコとお散歩。「このブドウ、食べても美味しそうだね」
c0120649_639561.jpg

ワイナリーChateau Pesquie
[PR]
by MadameSanma | 2007-08-14 06:40 | パリからの旅
<< マザンのお宿 : シャトー・ド... 南仏でバカンス: マザン Mazan >>