ムーラン・ド・ラ・ギャレット

c0120649_15544683.jpg
モンマルトルのランドマークの一つがムーラン・ド・ラ・ギャレット。大きな風車小屋で、もともとは麦をひいたりブドウを搾ったりするために使われていたが、後にダンスホールとなり市民たちでにぎわった場所。ルノワールやゴッホ、ロートレック、ピカソ、ユトリロなどの有名な画家たちが作品に描いている。

オルセー美術館にあるルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」(Wikipediaより)
c0120649_1555999.jpg

こちらはゴッホ作。(同上)当時のモンマルトルはまだのんびりとした農村地帯。
c0120649_15552613.jpg

モンマルトルは20世紀初頭に芸術家たちの溜まり場だったところで、この近くには、ピカソやモディリアーニなどがアトリエを構え、アポリネールやコクトーなどの文化人が出入りしていたことで有名なアパートの「洗濯船」もある。
c0120649_15581932.jpg


そのムーラン・ド・ラ・ギャレットは、今はお洒落なレストランになっている。室内は、ノスタルジックな風車小屋の外見とはまったくかけ離れたモダン・シックなインテリアで、それはそれで明るくて悪くはないのだけど、気候がよければ、いかにもパリの中庭風な緑に囲まれたテラス席がオススメ。
c0120649_15564332.jpg

料理は洗練された創作料理系が中心だが、このカモのコンフィもねっとりと柔らかくて美味。
c0120649_1557533.jpg

カリカリのキャラメルがとっても美味しいアンズのメルバ。
c0120649_1558010.jpg

Le Moulin de la galette
83 rue Lepic 75018 Paris T: 01 46 06 84 77
最寄の地下鉄駅: Abbesses
[PR]
by MadameSanma | 2007-09-05 16:15 | グルメ
<< 展望レストラン モノクロなパリ:モンマルトル >>