凱旋門

c0120649_6433799.jpg

パリに住んでいたり、リピーターだったりすると、返ってバカにしてしまって行かないのが、凱旋門。今まで遠くから写真は撮ったことがあっても、凱旋門の真下まで行ったことはなかったが、今回、初めて凱旋門の上に登っちゃった。

c0120649_644143.jpg
下から見上げた280段のちょっとレトロな螺旋階段。地上50メートルの高さをハーハーと息を切らしながら一気に上ったが、実はどこかにエレベーターがあったらしい。

エッフェル塔にもモンパルナスタワーにも上ったことがなかったので、パリを高いところから見るのは初めて。あまりお天気が良くなかったのが残念だが、360度の光景は一見の価値あり。正面にそびえるエッフェル塔。
c0120649_6442511.jpg


シャンゼリゼ通りからコンコルド広場、チュイルリー公園、ルーブルまでは一直線。
c0120649_6445346.jpg


モンマルトルの丘とサクレクール寺院。
c0120649_6452480.jpg


凱旋門の正面右側にある通称「マルセイエーズ」と呼ばれる「義勇兵の出陣」と題された有名な彫刻。
c0120649_6455240.jpg


凱旋門の真下にある第一次大戦の犠牲となった無名兵士の墓。「祖国のために死んだフランス兵、ここに眠る」とだけ書いてあって、しかも兵士が複数形じゃなくて、単数形なところがよけいに、どこかの神社の合祀うんぬんの騒ぎとは雲泥の差。
c0120649_6461599.jpg


凱旋門は、1806年にナポレオン1世の命により建築が始まったが、ナポレオン本人は生きてこの門をくぐることはなく、セントヘレナ島で死去したのち、パリに改葬されるときに、この門をくぐったそうな。内側も見事な彫刻で飾られている。
c0120649_6475046.jpg

[PR]
by MadameSanma | 2007-10-21 06:52 | パリ
<< 焼き栗 ズーズーしい鳥たち >>