焼き栗

c0120649_6563639.jpg

マロン・ショー、焼き栗の季節になった。パリの焼き栗は、天津甘栗とは違って、そのまま熱した鉄板で炙ってあるだけなのだが、香ばしくて美味しい。多くの場合、スーパーマーケットから盗んできたのかしらと思うようなショッピング・カートに、小さなドラム缶を乗せて、その中で火をたいて、鉄板を乗せて栗を焼いている。売っているのは移民系のお兄さんたち。時々生焼けの栗があるので、ちょっと注意が必要。10個入りくらいの小さな袋で3ユーロ。3箇所くらいで買って、どこも同じ値段だったので、価格統制されているのかしら?

週末にかけてパリは日中でも10度前後と寒い日が続いている。しかも雲ひとつなく晴れ上がった青空で、まるで東京のお正月みたいな気候。
[PR]
by MadameSanma | 2007-10-22 07:00 | グルメ
<< 蚤の市でランチ 凱旋門 >>