本日のランチ セラドン

c0120649_741331.jpg

ホテル・ウェストミンター内のセラドンにてちょっとリッチなランチタイム。ミシュランの一つ星ながら、コスト・パフォーマンスが良いと評判のレストラン。写真は、突き出しのスープ、前菜のフォアグラと季節の野菜のサラダに次いで、私がチョイスした牛頬肉のブレゼ、牡蠣のソース添え。牡蠣の香りが効いたソースは濃厚だけど、トロトロに柔らかく煮込んであるので、意外とあっさりと食べられて美味しい(写真の写りがイマイチで、あまり美味しそうに見えないけど・・・)。
c0120649_743371.jpg

プレ・デザートのライチーとフランボワーズのヨーグルトソース。連れの友人がお代わりしたいと叫んだ美味しさ(実際に「お代わり!」って言ったら、ボーイさん、どうするのかなぁ?)。本番のデザートは、リンゴのクラフティーとシナモン・アイス(本番のデザートの前にプレ・デザートが出るのは最近の流行、ついでにコーヒーと一緒にアフター・デザート?が出たので、デザートだけで3品も。グフフ)。

店内はあまり広くなく、インテリアもそれほど豪華ではないが、セラドン(青磁)という店名の通り青磁の壷が飾られた店内は上品な雰囲気で、こじんまりとしているので落ち着ける。サービスもテキパキしているし、普通フランスのレストランでは別料金のコーヒーが、ちゃんとコース料金に含まれているのもお得な気分。しかも、マシュマロのお土産付き!ホテルのロビーからもレストランにアクセスできるが、レストランの入り口は、ホテルの脇の小さな通りに面している。

帰りに立ち寄ったギャラリー・ラファイエットでは、早々とクリスマス・ツリーが。。。
c0120649_785644.jpg


LE CELADON
[PR]
by MadameSanma | 2007-11-07 07:15 | グルメ
<< ボクとチュイルリー公園 シャンパンの都、ランス Reims >>