ビストロ アスティ Astier

c0120649_1785970.jpg
友人がパリのビストロ特集が載った日本の雑誌を送ってくれたので、そこに紹介されていた日曜日も営業しているというビストロに行ってみた。日曜日は安息日?なので、デパートやショップだけでなく、レストランも休みのところが多いので、日曜日も営業しているレストランは貴重なのよね。

下町パルマンティエ駅近くのお店、アスティエ。赤いチェックのテーブルクロスが典型的なクラシックなパリのビストロ。でも、シェフは、ミシュランの三つ星レストランで有名シェフの助手をしていた人で、このお店も星なしながらミシュランに載っている。

前菜は、「浜辺の落し物」という名前の海の幸のマヨネーズ添え。私は、フランス語でbulotと呼ぶバイ貝が好き。
c0120649_1791867.jpg

メインの子牛の頭肉の熱々のココット。こうゆう料理は、日本ではめったに食べられないまさにパリのビストロメニュー。脳みそとか舌とかが入っているのだが、ちょっとネットリした独特の食感とじっくり煮込んで味がしみこんだスープが美味しい。
c0120649_1794454.jpg

デザートの前のチーズ。普通はチーズかデザートのどちらかを選ぶのだが、このお店は種類の豊富なチーズ・プレートがドーンと出されて食べ放題。嬉しくて、もうお腹いっぱいのに、つい食べちゃった。
c0120649_171049.jpg

そしてデザートのラム酒がたっぷりかかったサバラン。このお店のサバランはどっしりとしていて食べ応え十分で、その前にチーズを食べちゃったので、さすがのサンマも少し残してしまったほどのボリューム。
c0120649_17102096.jpg


カジュアルな雰囲気のレストランながら、スタッフがとてもプロフェッショナルなのが気持ちよく、メニューを読み解くのがちょっと難しいお店だけど、聞けばちゃんと説明してくれるし、コストパフォーマンスは抜群。

RESTAURANT ASTIER
44 rue Jean Pierre Timbaud
75011 PARIS
tél : 01.43.57.16.35
最寄地下鉄駅:Parmantier
[PR]
by MadameSanma | 2007-11-12 17:15 | グルメ
<< ロダン美術館 本日のお買い上げ オペラ座のハチミツ >>