マラケシュ観光名所

c0120649_17474527.jpg

★アグノウ門 Bab Agnaou
マラケシュのメディナ(旧市街)は、下の写真のような全長19kmの城壁で囲まれていて、いくつかある門から中に入る。上の写真のアグノウ門は、中でもムワヒット朝(12~13世紀)時代の傑作で、半円形のアーチが何重にも取り囲み、豊かな装飾で飾られている。かつてスルタンたちが王宮に行くために通った門であり、処刑された人々の遺体が吊るされた場所でもある。この向こうがカスバ。
c0120649_17482411.jpg


★バイア宮殿 Bahia
19世紀に当時のスルタンに仕えていた高官が建てた宮殿で、4人の正妻と24人の愛妾が住んだ豪華な部屋を含む150もの部屋がある。
c0120649_17503371.jpg


c0120649_17513922.jpg


応接間。
c0120649_17511532.jpg


アトラス杉を使った天井の装飾が圧巻
c0120649_17521557.jpg


緑豊かな中庭。
c0120649_17525315.jpg


★サアド朝の墳墓
15世紀から16世紀にかけてモロッコを支配したサアド朝のスルタンとその家族の墓で、サアド朝の威光を今に伝える建築物。
c0120649_17532463.jpg


12本の大理石の柱が並ぶ部屋には、サアド朝の全盛期を築いた英君アフマド・アルマンスールとその息子の墓がある。メッカの方向に向かって床に並ぶ白い大理石が墓石。
c0120649_1753484.jpg


お墓の建物。質素な外見の建物の内側に豊かな装飾で埋め尽くされた美しい空間秘めているのがイスラム建築の特徴だそうな。
c0120649_17542237.jpg


アルマンスール・モスクのミナレット。エメラルド・グリーンの装飾が美しく、長い間モロッコのミナレットのお手本となっていた建物。
c0120649_1755620.jpg


★現在の王宮
現在のモロッコの王様ムハンマド6世の宮殿。正面玄関の写真を撮ったら、衛兵がニヤニヤしながらやってきて、「写真は禁止だから削除して」と言われちゃったので、遠くからパチリ。
c0120649_17554558.jpg


★マラケシュ博物館
19世紀に政府高官だった人物が建てた宮殿が博物館になっている。2100㎡の平屋建ての建物で、泉の湧くパティを囲むように豪華な部屋が広がっている。ハマム(蒸し風呂)もある。
c0120649_17562043.jpg


c0120649_17564472.jpg


c0120649_1757469.jpg


★ベン・ユースフ神学校 Medersa Ben Youssef
16世紀に建てられたイスラムの大学に当たる高等教育機関の建物。コーランのほかに、哲学や数学、天文学、医学などの教育が行われ、北アフリカで最大規模の大学であった。モザイク・タイル、白いスコッタ(装飾漆喰)、木の羽目板という3層に分かれた壁の装飾は、イスラム装飾の特徴。中庭の泉は、礼拝する人が手足を清めた場所。
c0120649_17573961.jpg


中庭に面した礼拝所兼講義室。部屋の奥には、ミフラーブと呼ばれるメッカの方向を示す窪みがあり、その中はとりわけ豪華に装飾されている。
c0120649_1758010.jpg


中庭を囲むように配置されたいくつもの坪庭のまわりには、学生たちの宿舎である小部屋が並び、900人の学生を収容できたそうだ。
c0120649_17582072.jpg


神学校の横にあるベン・ユースフ・モスクは、メディナの中心に作られた最初のモスクだったが、その後破壊され、今あるのは再建されたもの。
c0120649_17584892.jpg


★クッバ・バアディン Koubba Ba’Adyin
クッバとはドーム状の建物のことで、このクッバ・バアディンは、マラケシュを作ったムラービト朝時代の現存する唯一の遺跡。ドームの下に泉が湧いていた。
c0120649_17592181.jpg


ドームの内側。
c0120649_1842653.jpg


泉の水を配水する施設の跡。今は猫ちゃんのお昼寝場所。
c0120649_180289.jpg


★メナラ公園
ムワヒッド時代に作られた貯水池で、周辺の山から流れてくる水を蓄えていた。今はその周辺が公園になっていて、庶民の憩いの場所。
c0120649_1802447.jpg


まだ他にも色々見所はあるのだが、私はここで時間切れ。
[PR]
by MadameSanma | 2007-11-23 18:06 | パリからの旅
<< イスラムの美 迷宮に迷い込んで - マラケシ... >>