冬季限定チーズ、モンドール Mont d'or

c0120649_16321556.jpg

フランスの冬の味覚の一つ、モンドール・チーズ。スイスとの国境沿いの山の中で作られるチーズで、8月15日から3月15日までの間しか生産されないことになっているので、店頭に並ぶのは9月末ごろから。最近まで日本には輸入できなかったので、一部で「幻のチーズ」などと言われていたが、フランスではスーパーでも普通に売られている。

エピセアというモミの木の一種で作った木枠に入れられていて、ちょっとスモーキーな独特の香りと、カスタードクリームみたいなトロトロの食感が特徴。

そのままでも十分美味しいけれど、チーズ屋のおばさんのお勧めは、チーズの表面にちょっと穴をあけて、その上から白ワインを注いで、少量のニンニクを加えたあと、木枠ごとアルミ箔で包んでオーブンで20分焼いて、フォンデュみたいにして食べることだそうな。
[PR]
by MadameSanma | 2008-01-09 16:36 | グルメ
<< ア・ラ・ビッシュ・オ・ボワ A... 稀典のモナコの休日 >>