シャモニー Chamonix

c0120649_1737987.jpg


モンブラン山系の麓の町、シャモニー。1942年に第一回冬季オリンピックが開かれた場所でもある。そびえ立つ高い山々に囲まれた谷間に細長く広がる町。ここからロープーウェーで、いくつものスキー場にアクセスできる。

国鉄のシャモニー・モンブラン駅。
c0120649_17353919.jpg


町中にはスキーウェアーの人がいっぱい。観光地だけど、落ち着いた雰囲気。
c0120649_17363326.jpg


スキーをしなくても、ロープーウェーや登山電車にのって雪山見物が楽しめる。赤い車体が可愛いモンタンヴェール登山鉄道で標高1913mのモンタンヴェールへ。1909年開通の歴史の古いラック式鉄道(日本では一般にアプト式と呼ばれるが、正確にはアプト式は複数あるラック式のうちの一つ)。
c0120649_17373978.jpg


シャモニーの町を見下ろす雄大な景色を眺めながら急勾配を登ること20分。
c0120649_1738195.jpg


終点モンタンヴェールの駅からは、アルプス登攀史上有名なドリュ針峰(3753m)の勇姿が、すぐそばに見える。
c0120649_17384762.jpg


メール・ド・グラス、氷の海と呼ばれる広大な氷河。300mとも400mとも言われる厚い氷河で、昨日の日記に書いたエギーユ・デュ・ミディからの氷河滑降コースは、ここを通ってシャモニーに下りていく。奥に見えるのが、有名なグランド・ジョラスの北壁。
c0120649_17415374.jpg


シャモニー山系の谷で一番標高の高いところにある山小屋風のグラン・ホテル・ド・モンタンヴェール。1880年のオープンで、鉄道が開通するまでは、観光客はラバにのってここまで氷河見物に来たそうな。
c0120649_17421116.jpg


ホテルのレストランで、窓からドリュ峰を見ながらランチ。この地方の名物料理、クルート・サヴォワヤード(Croute Savoyarde)、パンとキノコに白ワインとコンテチーズをかけて焼いたグラタン。フォンデュを固めたような料理でチーズ好きにはたまらない。ホットワインと一緒に。
c0120649_17423844.jpg


こちらもこの地方の名物、タルティフレット(Tartiflette)、ジャガイモとベーコンとタマネギの上に、ロブロションという地元のチーズをのせて焼いたグラタン。熱々で美味。
c0120649_17432530.jpg


久しぶりに嗅ぐ雪の匂いに興味津々の稀典。
c0120649_1757365.jpg


c0120649_17581834.jpg


c0120649_17584554.jpg


c0120649_1759356.jpg


シャモニーの夜景。
c0120649_17592039.jpg


一夜明けて次の日は、朝から雪が降っていた。
c0120649_17594162.jpg


雪が小止みになるのを待って、今度は、ロープーウェーでプランプラのスキー場へ。
c0120649_180521.jpg


稀典はロープーウェーが大好き。身を乗り出すようにして景色を見ている。
c0120649_1804960.jpg


スキー場に到着する頃には、青空が見えてきた。
c0120649_1811787.jpg


雲の向こうにモンブランの姿も見える。
c0120649_1815967.jpg


c0120649_1822339.jpg


c0120649_1824590.jpg


「まぶしいよぉ」by稀典。
c0120649_183861.jpg


ここからロープーウェーを乗り継いでさらに別のスキー場に行くこともできる。
[PR]
by MadameSanma | 2008-01-20 18:12 | パリからの旅
<< 犬連れシャモニーの注意事項 モンブラン Mont Blanc >>