オーヴェル・シュール・オワーズ Auvers sur Oise

c0120649_1456531.jpg

ゴッホが晩年の2ヶ月を過ごしたパリ郊外の村オーヴェル・シュール・オワーズのノートルダム教会。ゴッホはこの村で死ぬまでの70日間に数多くの作品を描いた。

この教会を描いた作品はオルセー美術館にある。
c0120649_14571577.jpg


教会の裏にある菜の花畑と麦畑に囲まれた墓地の片隅に、ゴッホとその弟のテオが仲良く眠っている。
c0120649_14573631.jpg


c0120649_14581229.jpg


c0120649_14591111.jpg


c0120649_14592913.jpg


c0120649_14594722.jpg


村のメインストリートにあるラヴー亭、ゴッホはこのレストランの2階に下宿していた。
c0120649_150960.jpg


ザッキン作のゴッホの像。
c0120649_1502815.jpg


オーヴェル城。この城の裏手でゴッホは自殺を図ったとされる。
c0120649_150476.jpg


c0120649_151976.jpg


c0120649_1512728.jpg


印象派の先駆けとされるドービニーのアトリエとその庭。ドービニーとその画家仲間が描いたドービニーの娘の部屋の壁画が可愛くて一見の価値あり。ゴッホはこの庭も描いている。
c0120649_156014.jpg


c0120649_15364046.jpg


c0120649_1562252.jpg


c0120649_1563889.jpg


c0120649_1565345.jpg


パリ北駅からSNCFの郊外線で1時間前後。夏には朝と夕方に直行便があるが、それ以外は、途中でPontoiseかValondoisで乗り換え。不便なので、事前に時刻表をよく確認のこと。
[PR]
by MadameSanma | 2008-05-06 15:11 | パリからの旅
<< ナンシー Nancy 甘いもの >>