ボルドーのトラム Bordeaux

c0120649_1582450.jpg
ワインの都ボルドーは、フランスでも最新鋭の路面電車トラムが走る町。景観を損ねないように、架線を使わずに第三軌条で集電する方式を採用しているそうな。

美しくカーブを描くガロンヌ河に沿ってのびる町は、その形から「月の港」と呼ばれて、世界遺産。
c0120649_1584410.jpg


古くからワインの交易で栄え、巨万の富を蓄えた豪商たちの館が並ぶ。
c0120649_15922.jpg


18世紀の町並みを走る21世紀のトラム。
c0120649_1592028.jpg


ワインの都らしく、チョコレートもワイン・ボトル入り。(Cadiot-Badie:26, allees de Tourny)
c0120649_1593642.jpg


オヤツは、バイヤルドランのカヌレ(パリのモンパルナス駅構内にも支店がある)。ワイン作りには、実は大量の卵の白身を使用する。それで残った黄身をどうしようかということで発案されたお菓子だそうな。
c0120649_159535.jpg


河沿いの公園にあった「鏡の池」という名の池は、深さが人の足首くらいまでしかないので、みんな、靴を脱いで池の中をバシャバシャ。
c0120649_1510823.jpg


ボルドーは、パリのモンパルナス駅から直行TGVで3時間半。
[PR]
by MadameSanma | 2008-07-12 15:12 | パリからの旅
<< 田舎の休日 サンテミリオンの窓とワン >>