廃駅カフェ・バー Fleche d'or sanpo

c0120649_1455995.jpg
「ガイドブックに載っていないパリ案内」という自己矛盾なタイトルのガイドブックで見つけたカフェ・バーのフレッシュ・ドール(黄金の矢)。パリ20区にある今は廃線となったかつてのパリ環状線の駅の建物を利用して、若手アーチストに活動の場を与えることを目的としたスペースで、パリのトレンディー・スポットの一つ。

今は使われなくなって雑草に覆われた駅のホームと線路を見下ろすガラス張りのテラスがレストラン・スペース。
c0120649_14552784.jpg


空調ダクトがむき出しの高い天井と真っ赤なソファーの組み合わせが、パリというよりロンドン風?
c0120649_1456555.jpg


かつての駅のホームは、猫ちゃんの遊び場。
c0120649_1457928.jpg


お食事メニューは、それそれ国名がついた多国籍?料理で、私が食べたのは、エビのグリルやムール貝のマリネ、オムレツ、チョリソー、サラダの盛り合わせの「スペイン」。なかなか美味。
c0120649_14564038.jpg


ムッシュが食べたのは、キノコとバジリコのペンネの「イタリア」。
c0120649_14572844.jpg


かつての駅構内は入場無料のライブ会場で、この日は、ガンガンのロック・コンサートで盛り上がっていた。

パリも、19区や20区になると、中心部とはちょっと違ってどこかのんびりとした雰囲気。近所の猫横丁。
c0120649_14574622.jpg


不思議な落書きが残る路地。
c0120649_1458665.jpg


1920年代にたくさん作られたレンガの外装が素敵な公団アパート。
c0120649_1458244.jpg


この近くで生まれたエディット・ピアフの記念碑。
c0120649_1554887.jpg


Fleche d'or : 102 bis rue de Bagnolet 75020
[PR]
by MadameSanma | 2008-08-03 15:07 | パリ
<< 山歩き ビュット・オ・カイユ通り Ru... >>