2007年 09月 01日 ( 1 )

シャルトル

c0120649_16432294.jpg
世界遺産のノートルダム大聖堂があるシャルトルに行った。パリのモンパルナス駅から電車で1時間弱。

聖母マリアがキリストを生んだときに身に着けていたという衣が納められているそうで、シャルトル・ブルーと呼ばれるきれいな青色のステンドグラスで有名。
c0120649_16434249.jpg

c0120649_1644589.jpg

c0120649_16442556.jpg


祭壇横の緻密で見事な彫刻。
c0120649_16445199.jpg

c0120649_164592.jpg


マリア様
c0120649_16482966.jpg


大聖堂の正面。何度か焼失や破壊を繰り返し建てかえられたため、右側の尖塔がロマネスク、左側がゴチックと、左右異なる様式となっている。
c0120649_1646597.jpg


ファサードには、聖人に混じって奇妙な生き物の彫刻が。
c0120649_1649368.jpg


町のどこからでも大聖堂が見える。
c0120649_16494795.jpg


大聖堂周辺のユー川沿いの旧市街には、古い家並みが残されている。
c0120649_1650963.jpg

c0120649_1650307.jpg


フランスの古い町並みを歩いて楽しいのは、きれいに飾られた窓辺。
c0120649_1651136.jpg

c0120649_16514135.jpg


年に一度、若者たちが、パリからシャルトルまで歩いて巡礼する。本当は電車で行くより、歩いて行ったほうが、一面の麦畑の向こうに大聖堂の尖塔が徐々に見えてくるという詩にも歌われた美しい光景が見られるのだけれど。
[PR]
by MadameSanma | 2007-09-01 16:53 | パリからの旅