カテゴリ:未分類( 12 )

今日でおしまい。

c0120649_971845.jpg
1年半ちかくのパリ滞在もいよいよ終わりとなりました。長い間、偏見と独断に満ちたサンマのパリ日記にお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。もともと備忘録的にはじめたブログですが、思いがけず多くの方に読んでいただいて、毎日のようにコメントもいただいて、おしゃべりできて、とても嬉しかったです。楽しいこと、悲しいこと、色々ありましたが、ブログを書くことが自分自身の心の整理になったように思います。そのブログも今日でおしまい。でも、撮り溜めた写真の中からまだアップしていない話題を、時々ゲリラ的に後書きするかもしれませんので、時々のぞいてみてくださいね。「さようなら」は言わないことにします。

サンマ
[PR]
by MadameSanma | 2008-09-05 09:21

またまたバガテル公園 Parc de Bagatelle

c0120649_110781.jpg

ずっと雨模様だったパリも、今日の土曜日は久しぶりにきれいな青空が見えたので、またまたバガテル公園へ。ブーローニュの森の中にある公園で、この時期はいたるところ花盛り。特にバラ園が有名で、一歩足を踏み入れるとあたり一面甘い香りでいっぱい。

c0120649_111417.jpg


c0120649_1115830.jpg


c0120649_1122579.jpg


新種のバラの国際コンクールが開かれる場所でもあり、こちらは2009年のコンクール用花壇。
c0120649_1125515.jpg


c0120649_1131048.jpg


c0120649_1132293.jpg


公園内のレストランは美味しいと評判。結婚式のパーティーにも良く使われる。
c0120649_1133814.jpg


c0120649_1141562.jpg


c0120649_113578.jpg


c0120649_1142935.jpg


c0120649_1152390.jpg


c0120649_1153830.jpg


c0120649_115542.jpg


睡蓮の池は、カモの親子の遊び場。
c0120649_1161010.jpg


c0120649_1181017.jpg


c0120649_1182554.jpg


猫ちゃんも日向ぼっこしながらお昼寝。
c0120649_1184082.jpg


放し飼いの孔雀は王者の貫禄。
c0120649_1185895.jpg


c0120649_1191723.jpg


バガテル公園:地下鉄Pont de Neully下車で、バス43番に乗ってPlace de Bagatelle下車、徒歩5分。
[PR]
by MadameSanma | 2008-06-15 01:22

首相官邸の庭 Hotel Matignon

c0120649_26268.jpg

今週末は、公園に親しもうという趣旨の元に、各公園で様々なイベントが行われたり、普段は一般に公開されいていない庭のいくつかが一般公開された。首相官邸の庭も日曜日だけ一般公開される聞いて行ってみた。

もとオーストリア・ハンガリー帝国の大使公邸だったという建物の庭は、ヴェルサイユの庭園などで有名な造園家ル・ノートルの甥であるクロード・デゴの作品。
c0120649_264891.jpg


庭は大きく分けて2つの部分から成り、手前がガーデンパーティーなどを開くための芝生の庭で、円形の花壇がいくつか配置されている。
c0120649_271085.jpg


芝生の後ろには菩提樹の並木が並び、奥行きを演出。
c0120649_28753.jpg


歴代の首相が1本ずつ植樹する伝統で、これはド・ヴィルパン前首相が植えた木。
c0120649_28262.jpg


こちらは現職フィヨン首相が植えた木。
c0120649_284912.jpg


庭の一角には、かつてのオーストリア大使の愛犬の墓が、今もそのまま残されている。
c0120649_29884.jpg

[PR]
by MadameSanma | 2008-06-02 02:13

芝居あれこれ

c0120649_0472876.gif☆これからの人生  La vie devant soi

アウシュビッツを生き延びたもと娼婦の老いたユダヤ人女性と、娼婦だった妻を殺した父親に置き去りにされた15歳のアラブ人少年の交流を描いた作品。ベストセラー小説の劇化で、今年のモリエール賞をトリプル受賞(作品賞、脚色賞、主演女優賞)。時にはユーモラスな粗野で簡素な2人の言葉のやり取りの中に、傷ついた2つの魂が寄り添うが様が繊細に描かれる。素朴に生きる人々だからこその宗教や偏見や社会の問題に本質をつくセリフにはっとさせられる。「愛さなくちゃいけないんだ。」
作: Romain Gary (Emile Ajar).
脚本:Xavier Jaillard. Avec .
演出:Didier Long
出演:Myriam Boyer, Xavier Jaillard, Magid Bouali
THEATRE MARIGNY - SALLE POPESCO


c0120649_0483687.gif☆血統書 UN PEDIGREE

人気作家パトリック・モディアノの自伝の朗読劇。両親に見捨てられて育ったモディアノの孤独な少年時代と作家として認められるまでの物語で、まるで履歴書のように事実のみを羅列して記述したとモディアノ本人が語る自伝を、エドゥアール・バールが観客の共感に訴える生身の人間の感情を吹き込んで見事に朗読。むき出しの舞台の後ろに設置された扉が、最後に大きく開いて明かりが差し込むラストが印象的。
作:Patrick Modiano
出演:Edouard Baer
THEATRE DE L'ATELIER


c0120649_1101797.gif☆控えの間 l’Antichambre

18世紀、サロン文化華やかなりし頃、当時の一流の哲学者や文学者が集まるサロンを主催していた実在の人物デュファン夫人とその姪ジュリーの愛憎の物語。
作:Jean-Claude Brisville
出演:Sarah Biasini , Danièle Lebrun , Roger Dumas
le théâtre Hébertot



c0120649_130466.jpg ☆世界の終わり Juste fin du monde

フランスを代表する現代劇作家ラガルスの作品で、今年のモリエール賞の公共劇場作品賞を受賞。病で余命いくばくもないと知った男が、家族のもとに戻ってくるが、結局は理解しあえず、むなしい言葉のやり取りの末に、また去っていくという物語。会話というより、登場人物が互いに詩のようなセリフを朗読するかのような独特の雰囲気。

作:Jean-Luc Lagarce
演出: Michel Raskine -
出演:Catherine Ferran, Laurent Stocker, Elsa Lepoivre, Julie Sicard & Pierre-Louis Calixte
Comédie Française



c0120649_1344164.jpg☆オペラ セヴィリアの理髪師。

映画監督のコリン・セローが「当時のセヴィリアはイスラム文化圏だった」というコンセプで演出し、砂漠を背景にアラブ風の衣装での上演が話題になったのだが、残念ながら私が見に行った日はストでコンサート形式の上演。フィガロ役のペターンは、アラブ人というより不良インド人という感じだったけど、深いバリトンの響きがとても心地よい声の持ち主で、コミカルな演技もぴったりで楽しめる。
指揮: Marc Piollet
演出:Coline Serreau
Décors Jean-Marc Stehlé et Antoine Fontaine
Il Conte d’Almaviva:Colin Lee
Bartolo :John Del Carlo
Rosina :Maria Bayo
Figaro: George Petean
Basilio :Mikhail Petrenko
Fiorello Igor Gnidii
Berta Jeannette Fischer
[PR]
by MadameSanma | 2008-06-02 01:47

さようなら

今日は、月命日。
c0120649_21415642.jpg

[PR]
by MadameSanma | 2008-05-17 21:44

今、何時?

c0120649_1913138.jpg

この青空の写真、何時ごろ撮影したと思いますか? なんと午後8時なんですよ。このところ、日中は雨が多いのに、夕方になるといつも良いお天気で、「夜遊びしなさい」ということかしらん。ダヴィンチコードで有名になったサン・シュルピス教会前にて。
[PR]
by MadameSanma | 2008-04-15 19:10

日の長さ

c0120649_15205220.jpg

ついこの間まで、朝は8時ならないと明るくならなかったし、夜は5時には真っ暗だったのに、いつの間にかずいぶん日が長くなった。今月末にはもう夏時間が始まる。

稀典と朝イチのお散歩。
[PR]
by MadameSanma | 2008-03-18 15:21

モンブラン

c0120649_17431147.jpg
モンブランはモンブランでも、こちらはケーキのモンブラン。サンジェルマン・デプレのラデュレで。

オリエンタルなインテリア。
c0120649_1743284.jpg


でも、本物のモンブランは、ケーキのモンブランより雪見大福に似ている・・・。
c0120649_17434846.jpg

[PR]
by MadameSanma | 2008-01-25 17:45

プロヴァン Provins

c0120649_1662342.jpg

パリの南東にある中世都市プロヴァン。

c0120649_167118.jpg


c0120649_16113788.jpg


c0120649_1681863.jpg


c0120649_1684074.jpg


c0120649_1691016.jpg


お土産は名物のバラのジャム。
c0120649_1693640.jpg

[PR]
by MadameSanma | 2007-07-07 16:04

日差しの中で

c0120649_1724370.jpg



また日本からお客様が来るので、1週間ほどブログはお休みです。
[PR]
by MadameSanma | 2007-06-05 17:05